【マレーシア転職に強い転職エージェントおすすめ5選】リアルな口コミで評判な会社はコレだ!

この記事では、マレーシアに転職する際に活用すべき転職エージェントを紹介しています。

2019年の今も堅調な経済成長を続けているマレーシア。

・英語が通じる

・生活費が安い

・多民族国家でグローバルな人脈を形成できる

などのメリットもあり、マレーシアへの移住や転職を考えている方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんなマレーシアへの転職を

求人探しからキャリアプランの相談・転職サポートを一括してサポートしてもらえる

マレーシアに詳しいプロフェッショナルな転職エージェントをご紹介します。

 

>>今すぐマレーシアに強い転職エージェントを見たい方はこちら

 

マレーシアに強い転職エージェントを選ぶ基準とは?

まずマレーシアに強い転職エージェントとは何か?その選ぶ基準が分かりませんよね?

当サイトでは、マレーシアに強い転職エージェントの条件を下記3つとしています。

マレーシアに強い転職エージェントの条件
  • マレーシア現地に採用の拠点があること
  • マレーシアでの転職サポートが手厚いこと
  • マレーシア求人の数が多いこと

マレーシア現地に採用の拠点があること

マレーシア

マレーシアに拠点をもつエージェントを活用すると、より具体的な職場の状況を知ることが出来ます。

 

なぜなら、マレーシア現地に採用拠点があるということは、マレーシアの企業と転職エージェント自体が顔合わせしていることが多く、

現地企業に信用されている転職エージェントの可能性が高いということです。

 

日本でも実際に打ち合わせをした企業の方と、メールでしかやり取りがしたことのない会社の方、

どちらを信用しますか?と聞かれると圧倒的に「会ったことがある会社の方」ですよね?

 

現地企業から信用されている転職エージェントの元にはよりコアで密な情報が集まってきます。

その情報をを私たちに提供してくれるので、企業と転職者のミスマッチが起こりにくくなるメリットがあります。

マレーシアでの転職サポートが手厚いこと

次にマレーシアの転職に対して、どれだけ丁寧で正確なサポートを受けられるか、が大切です。

一般的にマレーシアで転職するためにエージェントを活用するときの流れは、

 

マレーシア転職の流れ

このようになっており、サポートの質がいいと優良企業への内定に直結します。

このサポートの質については、担当者によっても大きく左右される問題であり、必ずいい担当者に巡り合えるとは限りません。

 

そのため、サポートの評判がいい転職エージェントを複数(3つ以上)を利用して、最も相性やサポートが良い方とコンタクトを密にするのが賢明です。

マレーシア求人の数が多いこと

履歴書 転職サポート

最後にマレーシア求人の数が多いことも重要なポイントです。

 

基本的には、ヒアリングを受けた転職エージェントから良い求人が回ってきますが、

自分自身の目に触れる求人数が多いことで、思わぬ好条件の求人に出会うことがありますからね。

 

マレーシア求人数を多く抱えている転職エージェントを複数登録することで、出会う求人の数を増やすことが出来ます。

マレーシアに強い転職エージェントのおすすめ5選

それでは実際にマレーシアに強い転職エージェントをおすすめを紹介します。

実際に活用された方の評判から、サポートの質などを判断していますが、担当者との相性もあります。

そのため、全て登録することをおすすめします。

ビズリーチ

ビズリーチ 評判

グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト「ビズリーチ」。

会員数は94万人以上で在籍する転職エージェントは1700名以上と、グローバル転職では欠かせないサービスです。

ビズリーチのメリットは、海外求人に強い転職エージェントやヘッドハンターが多く在籍しているので、マレーシアに拠点を置くエージェント達も多く集まります。

ビズリーチが得意にする業種と職種

業種:メーカー、IT・インターネット、流通・小売・サービス、金融
職種:営業、管理職、経営企画、マーケティング、IT・インターネットなど多数

マレーシアに拠点を置く転職エージェントに個別に登録することも大切ですが、

まずまとめ役となるビズリーチに登録しておくと効率よく転職サポートを受けられますよ。

ビズリーチの無料相談はこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、マレーシアのクアラルンプールに支部を持ち、グローバル人材の転職サポートに強い転職エージェントで。

アジアでは10か国に支部を持ちアジアの転職市場に詳しく、マレーシアでは最も転職エージェントとしてのサービス歴が長い企業の一つ。

 

そのため、マレーシアでの企業間コネクションを豊富に取り揃えており、とりわけハイクラス人材の転職サポートに優れています。

 

一方でキャリアが浅い人材については、サポートがおろそかになりがちとの評判もあります。

そのため、30代以降のキャリアを持った方が使うことをおすすめします。

REERACOEN

Reeracoen

株式会社ネオキャリアが運営する転職エージェント「REERACOEN」

アジアでの転職支援に力を入れている企業であり、マレーシアではクアラルンプール以外にペナン島、ジョホールバルに支店を展開しています。

そのため、各都市からの情報が濃厚に持っている印象ですね。

 

またマレーシアの転職サポートも充実していると評判が高く、また生活基盤での不安などについても相談できるところがメリット。

初めてマレーシアで転職する方や海外で働くという方に、活用をおすすめする転職エージェントです。

桜リクルート

桜リクルート

桜リクルートは、マレーシアクアラルンプールに拠点を持つ日系の人材紹介会社。

求人は、外資系マーケティングから船員の乗員、飲食店のシェフなど多くの業種を取り扱っています。

希望に合う仕事が見つけやすいように、業種×職種×勤務エリアで検索できるような検索窓もついていまし、エージェントからの紹介もあるので非常に仕事を見つけやすいですね。

 

また、実際に現地に住んでいる日本人の方が寄稿してくれている現地ブログが公式HPの掲載されています。

生の声からマレーシアでの生活をうかがうことが出来ますので、一読する価値ありですね。

 

マレーシアに強い転職エージェントを活用するメリット

20代 転職 メリットデメリット

わざわざマレーシアに強い転職エージェントを活用する必要はないのでは?転職サイトから求人を見つければいいだけなのでは?

と思っていませんか?

 

しかし、それは間違いです!

転職サイトからの応募では、質のいいマレーシア求人に出会うことが難しくなるだけではなく、転職成功率も下がる可能性があります!

マレーシアに強い転職エージェントを使うことで得をするメリットがたくさんあります。

ここでは、マレーシアに強い転職エージェントを活用するメリットをご紹介します。

マレーシア就労ビザ発行のサポートがある

マレーシアに強い転職エージェントは、転職後に取得する必要があるビザの発行を手助けしてくれるサポートがあります。

マレーシアには複数のビザが存在しますが、そのビザを取得すればいいのかパッと答えられますか?

きっと答えることが出来る方はすくないでしょうね。

 

実はマレーシアには、多くのビザが存在しますが、その中でも実際に働くことが出来るビザがコチラ。

マレーシアのビザの種類

・ PR (Permanent Residence) : 永住権。どんな企業でも無条件で就労することが出来ます。
・ RP (Resident Pass) : マレーシアですでに長期間働いていている方向けのビザ。どんな企業でも無条件で就労可能。
・Social Term Social Visit Pass 保持者 : Working Permit(就労許可証)の追加申請で働くことができます。
・MM2H : Working Permit (就労許可証)の追加申請で週20時間以内の労働なら就労が許可されます。
・EP (Employment Pass) :日本で言う「就労ビザ」のこと。マレーシア国内の拠点をもつ企業で 働く外国人が取得します。 (制限あり)

まず最初に取得するなら、EP (Employment Pass):就労ビザになるでしょう。

しかし、就労ビザも許可をもらえばどの企業でも働くことが出来るわけではありません。

また通常は自分で取得するべきものでもありませんし、取得の際は幾つか条件があります。

マレーシア就労ビザ取得の条件(一例)

・大卒以上、3年以上の関連する業務の経験があること
・短大・専門卒以上、5年以上の関連する業務の経験があること
・専門的な資格(調理師免許など)があり、7年以上の関連する業務の経験があること

引用:https://esd.imi.gov.my/portal/pdf/tc-esd-quick-guidev3n-2019_feb.pdf

また業種によっては、この条件が緩和されたりします。

その判断も本来素人には難しいのですが、プロの転職エージェントを活用することで解決することが出来ます。

マレーシアでの転職サポートに職務経歴書や履歴書・海外レジュメの添削が受けられる

履歴書 転職サポート

職務経歴書や履歴書など日本で転職する場合にも必要ですが、その書き方もプロに診てもらうことで内定率が高まります。

これはマレーシアでも同じことで、優秀な書類には優秀な仕事が集まりますし、内定率も高くなります。

 

さらに日本人になじみのない海外レジュメも書き方を教えてくれるので、海外転職が始めてなら活用するメリットになりますね。

英語能力不問の求人も探すことができる

マレーシアに強い転職エージェントを活用することで、英語能力が乏しくても就労できる仕事が見つかることがあります。

もちろん英語が喋れる方がいいのですが、シェフなどはそうでもないですよね。

仕事の専門スキルが重要で、単語単語でコミュニケーションがとれれば問題ない仕事も多くあります。

そういった仕事もマレーシア転職に強い転職エージェントを活用すれば、見つかりやすくておすすめです。

税金(Tax)などの複雑な悩みについて相談できる

日本にも所得税、固定資産税など様々な税金があるように、マレーシアにも税金はあります。

しかし、2019年時点では消費税や相続税がなかったりと、マレーシアの銀行で預金すると課税がなく利率も高い、など知っておくとお得になる情報は多くありますね。

 

こういった税金などの情報を、一人で調べきるのは、とても時間も労力もかかるので詳しく知っている人から聞くのが一番早いです。

マレーシアに詳しい知り合いがいない方は、転職エージェントに聞いてみるといいですよ。

マレーシアの生活環境について、現地の声を知ることが出来る

いざマレーシアに移住するとなったら、いったいどんな生活になるのか想像できますか?

出来ませんよね。

 

しかし、転職エージェントは何人も転職者をマレーシアに見送った後もサポートを続けているので、実際の生活事情を非常に詳しく知っています。

実際に住んでいる方からの生活もブログとして紹介していたりする転職エージェントもいるので、そちらも参考になりますね。

おすすめ外部サイト:桜リクルートのマレーシア生活ブログ

転職エージェントを利用するデメリットがない

最後に一番転職エージェントを使うべき理由として、デメリットがないからです。

普通何かのサービスを受けようとすると、月額であったりなど費用がかかりますが、転職エージェントは無料です。

 

マレーシアの専門家を無料で雇えて、かつ優良求人を紹介してくれると思えば利用しない手はありません。

マレーシアに強い転職エージェントを活用するメリットまとめ
  • マレーシア就労ビザ発行のサポートがある
  • 転職サポートに職務経歴書や履歴書・海外レジュメの添削が受けられる
  • 英語能力不問の求人も探すことができる
  • 税金(Tax)などの複雑な悩みについて相談できる
  • マレーシアの生活環境について、現地の声を知ることが出来る
  • 転職エージェントを利用するデメリットがない

マレーシアに強い転職エージェントを活用することで、これだけのメリットを得ることが出来ます。

ただし、あくまで「マレーシアに強い」転職エージェントを活用した場合これだけのメリットを得ることが出来るという点のみご注意ください。

通常の転職エージェントではここまでのサービスに期待できないので、良い転職をしたい方はマレーシアに強いエージェントを使うことをおすすめします。

マレーシアに強い転職エージェントをもう一度チェックする

40代からでもマレーシアに転職することは可能

マレーシアに転職していく方は、20代から30代の方が多いですが、40代でも転職することは可能です。

40代は、これまでの経験を多く生かすことが出来る年齢でもあるので、管理職などの求人も多くなるでしょう。

 

具体的には、英語で長く文章を書かれていたりする方などは、翻訳レベルで記事を日本に届けたりする編集長クラスの仕事や日経貿易会社の現地法人管理者などです。

 

もちろん英語スキルが未熟でも、ITなど別のスキルがあれば採用されることも多いです。

マレーシアで海外経験を積むのも40代でも全く問題ありませんので、挑戦してみる価値はありますね。

まとめ|マレーシア転職で海外経験を積もう!

今回の記事ではマレーシアにおすすめの転職エージェントを紹介しました。

マレーシアは今まさに伸びている国の一つで、日本人も多く進出しつつあります。

物価が安いため、日本の給料をもらうと日本以上の生活水準を見込めるのも非常に良いポイントですね。

また日系企業だとで日本語と英語両方できる方はどこも欲しているので、チャンスは広いでしょう。

もしマレーシア転職してみたい方は、マレーシアにをおすすめします。

マレーシアに強い転職エージェントをもう一度チェックする