ホワイト企業へ転職したい!優良企業を見つけ、ブラック企業を高確率で避ける方法

この記事では、ブラック企業を避けてホワイト企業への転職方法について紹介しています。

 

  • もっとプライベートな時間が欲しい
  • もっと年収を上げたい
  • もっと休みの多い企業に転職したい!

こう思っている方は、今すぐにでもホワイト企業に転職したいと考えているのではないでしょうか?

そんな方のために、実際にホワイト企業に転職を成功させた私が、未経験でも成功確率の高いホワイト企業への転職方法を紹介します。

ホワイト企業の特徴とは?

ホワイト企業とは、過酷な労働を強いる企業をブラック企業の、その反対の企業を指す言葉です。

そんなホワイト企業の特徴を具体的に言葉にすると、

ホワイト企業の条件

このような形に。

さらに女性なら、

  • 育児休暇が取りやすい
  • 女性が活躍できる環境

といった事も大切ですね。

このホワイト企業の条件を、応募前にしっかり調査しながら、転職活動することがホワイト企業への一番の転職方法です。

ホワイト企業が多い業界って?

実はホワイト企業が多い業界って結構決まっています。

ホワイト企業が多い業界

世間のトレンドや流行りから少し離れたいわゆる製造業系の業界は、ホワイト企業が多いんです。

一つのプロジェクト期間が長いため、社内外の納期に縛られることが少ないからです。

そのため、有休なども取得しやすい環境にありますね。

また何より製造系は製品一つ当たりの開発に必要としたコストを厳密に管理しているため、理系の方以外の事務や経理などの方もしっかり管理されます。

残業の未払いなどはほとんどないのもメリットですね。

なんとなく難しそうと思っている方もいるみたいですが全くそんなことありません。

むしろ、理系でも文系でも転職できるチャンスが多いので、非常に穴場な業界です。

優良企業への転職をしやすい転職エージェント

製造やインフラなどホワイト企業が多い業界に転職するには、その業界の案件を多く持っている転職エージェントを利用するのが一番早いですね。

無料で利用できますし、ネットの転職サイトでは見つけられない非公開求人も多く取り扱っているので、ホワイト企業に出会いやすくなります。

ここでは私がホワイト企業に出会うために利用した転職エージェントを紹介しておきますね。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、未経験や異業種から転職したい20代におすすめの転職エージェントです。

ホワイト企業に転職するためには、業界そのものを変えたり、未経験職なったりというケースが非常に多いです。

そのため、これから成長していくという点にフォーカスした人材と企業を繋げるマイナビジョブ20’sは、ホワイト企業に巡り合いやすいですね。

第二新卒などでも利用可能なので、20代で転職したい方におすすめです。

>マイナビジョブ20’sの無料登録はこちら

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、滅多に流通しない非公開案件が多くあるので、隠れ優良企業に出会いやすい転職エージェントです。

実際に使ってみて、転職の面接の対策もしっかりしてくれたので、やっと出会えたホワイト企業への内定も通りやすくなる印象でした。

面接が苦手…と思っている方は、求人探しと一緒に面接対策もできるアイデムスマートエージェントがおすすめです。

アイデムスマートエージェントの無料登録はこちら

 

ホワイトに業求人を探し方や見分ける方法

ホワイト企業の条件
ホワイト企業の条件を7項目でまとめました。

実際にホワイト企業に入るためには、まずホワイト企業を見分けなければいけません。

ここでは、高い確率でホワイト企業を見分ける方法をご紹介します。

※膨大な求人の中から優良なホワイト企業のみ探すのは時間も体力も非常に消費します。しかし、転職エージェントならあなたの希望を聞いた上でホワイト企業を無料で紹介してくれます。もし、あなたが楽にホワイト企業を見つけたいなら、転職エージェントを活用しましょう。

リンク

求人票で年間休日日数を確認する

求人票には必ず年間休日が記載されています。

その休日日数が120日以上であれば、ホワイト企業と言えます。

しかし、サービス業や飲食業などの業界によっては120日以上の求人を見つけることは残念ながら難しいです。

その場合は、2つの選択肢があります。

  1. 希望の職種、業界を変える
  2. 年間休日120日以上の条件を下げる(ただし、下げすぎるとホワイト企業から遠のきます)

未経験で職種や業界に強い思い入れがないなら、1.の職種や業界を変えることがおすすめです。

サービス業などは雇用のハードルがそこまで高くない代わりに、年間休日が90日以下が普通です。

しかし、職種・業界をまったく変えてみて、自動車や機械部品などの製造メーカー系の事務なら年間休日は120日は当たり前。

多いところでは130日以上あるところもあります。

下記に年間休日が多い業界を紹介します。

ホワイト企業が多い業界

特に国の管理が厳しい理系職にホワイト企業が多い傾向があります。

エンジニアのみならず、文献色の方も同様の条件で働くことが出来るので、職種・業界の選択肢を変えることも検討してみましょう。

月の残業が30時間以下を確認する

次に残業時間が多すぎないか確認しましょう。

確認する方法は、この3つ。

  1. 転職会議、カイシャの評判など口コミサイトを見る
  2. OBなど状況を知っている人に聞く
  3. 直接企業の採用担当に確認する

1.の口コミサイトは情報が古いこともあったり、部署によって違ったりと、残業時間の詳細を知るには不向きです。

会社の評判

もっとも真実に近い内容の確認方法は、OBなどに状況を聞くことです。

しかし、受けたい企業のOBとそうそう知り合うことは出来ませんし、全ての企業にそんなリサーチをしていては、時間がありません。

その事を考えると、現実的に1番勤務状況の確認方法は、直接企業の採用担当に確認することになります。

ただ、いきなり企業に「貴社への転職を考えているので、平均残業時間を教えてください」と質問するのは失礼になたりますよね。

しかし、失礼に当たらないような調査方法ももちろんあります。

それは、転職エージェントを介入させて代理で聞いてもらうことです。

転職エージェントは企業の内部事情を調べることも仕事ですし、求人を出している企業の採用担当もそれを理解しています。

そのため、エージェントに聞いてもらうとスムーズに平均残業時間を知ることが出来ます。

残業代がきちんと支払われることを確認する

こちらもは絶対に外せない条件ですね。

この確認方法も、残業時間の確認方法と同様にこの3つです。

  1. 転職会議、カイシャの評判など口コミサイトを見る
  2. OBなど状況を知っている人に聞く
  3. 直接企業の採用担当に確認する

しかし、残業時間の調査と違って、残業代が支払われるかどうかは業界や企業体質によるものが多く、情報が古くてもあまり変わっていることがありません。

そのため、口コミサイトだけでも十分に判断できます。

一言でも残業代が支給されなかったという口コミがあれば、その企業への転職は控えた方がいいでしょう。

年収・基本給が高いことを確認する

基本給が高ければ、生活費に困って不必要な残業をする必要もなくなりますし、プライベートな時間も確保しやすくなります。

給料については、求人票にも必ず記載されているので、そちらを確認しましょう。

給料が個人のスキルによると幅を持たせて記載されていた場合、未経験なら業界最低ラインだと考えましょう。

逆に、不自然に給料が高い場合は、ブラック企業化していないか慎重に判断した方がいいです。

有休休暇が取得しやすいかどうか確認する

この条件をクリアするためには、極力社内以外の事情に振り回されない職種から探すのがおすすめです。

例えば、製造メーカー系の会社なら、納期は自社内で完結しますので、顧客に振り回されることがありません。

そのため計画的な休暇が取得しやすく、また企業としても有休取得を進めているところも多いです。

特に自動車メーカーなどは有給取得が高く、むしろ有給休暇を80%以上取得しなければいけないと決められている企業もあるくらいです。

逆に保険会社など営業などはノルマがあったり、突発的なトラブルへの対応が求められたりと、有給休暇を取得しづらいですね。

離職率が低いかどうか確認する

離職率が低いことも、ホワイト企業かどうか見分けるための一つのポイントですね。

離職率が低ければ、「普通の人がやりたくないと思う仕事が少ない」ととらえることが出来ますからね。

ただ、会社ごとの離職率は大きな会社じゃないとデータが出てきません。

その場合は、厚生労働省の雇用動向調査結果を見てみると、業界ごとの離職率が見ることが出来ます

離職率 厚生労働省

参照:厚生労働省の雇用動向調査結果

※緑のバーが高いと離職率が高いという意味です

大まかにですが、これで業界ごとの離職率を把握することが出来ますね。

会社単位ですこし変わる部分もありますが、ホワイトさは業界に依存することが多いので、参考になります。

福利厚生がしっかりしているか確認する

保険や年金、手当などがどれほどあるのか確認することもホワイト企業を見つけるためには知っておきたいですね。

しかし当然、福利厚生は企業に確認しないと分かりません。

基本的には面接時や内定通知をもらった際に確認するのが一番いいのですが、あまり失礼のないように確認しましょうね。

端的に「福利厚生はどうなっていますか?」とストレートに聞いてしまうと、企業の採用担当の方はあまり良い気がしないといいます。

失礼のない確認方法は、仕事への抱負を語ったのちに念のため確認するというスタンスで聞くか、転職エージェントに代理で聞いてもらうかのどちらかです。

私はそのあたりの知識は乏しかったこともあり、転職エージェントに確認してもらいましたが、質問の翌日には回答をもらいました。

自分で確認するより、エージェントに確認してもらう方がむしろ早いかもしれませんね。

【ホワイト企業ランキング】転職サポートがしっかりしている転職エージェント

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、未経験や異業種から転職したい20代におすすめの転職エージェントです。

ホワイト企業に転職するためには、業界そのものを変えたり、未経験職なったりというケースが非常に多いです。

そのため、これから成長していくという点にフォーカスした人材と企業を繋げるマイナビジョブ20’sは、ホワイト企業に巡り合いやすいですね。

第二新卒などでも利用可能なので、20代で転職したい方におすすめです。

>マイナビジョブ20’sの無料登録はこちら

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、滅多に流通しない非公開案件が多くあるので、隠れ優良企業に出会いやすい転職エージェントです。

実際に使ってみて、転職の面接の対策もしっかりしてくれたので、やっと出会えたホワイト企業への内定も通りやすくなる印象でした。

面接が苦手…と思っている方は、求人探しと一緒に面接対策もできるアイデムスマートエージェントがおすすめです。

アイデムスマートエージェントの無料登録はこちら