【再就職】子持ちの30代主婦が正社員で雇用されるまでにした3つのこと

この記事では、32歳で7歳の子供がいる女性Aさんが「子持ち主婦が正社員として再就職する方法」を書いています。(この記事は寄稿記事です)

こんにちは、埼玉県に住むAと申します。

わたしは今7歳の子どもがいるのですが、残業が無い職場で事務として働いています。

今回は、子どもがいるわたしがどのようにして正社員に復帰したのか、その方法についてお話しします。

結婚前に子持ち女性は再就職なんて無理と思ってた

子育て 仕事 両立

女性は子どもが出来てから一度正社員を辞めてしまうと

  • 正社員として社会復帰することは無理
  • 仕事は派遣やパートだけ
  • 旦那の扶養から出ることは出来ない

と思っていませんか?

 

実はこれ、結婚する前の私が思っていたことなんです。

結婚する前のわたしは、バリバリのキャリアウーマン…とまではいきませんが、仕事が好きな仕事人間でした。

大学を卒業して、一人暮らしをして、自分の好きな食べ物や服を買う。

 

そんな生活に慣れてしまっていて、結婚して子どもが生まれても絶対に会社を辞めないぞ!って思ってました。

 

でも実際に結婚して子どもが生まれると、仕事との両立なんてとても出来なくて…

しっかり納得をした上でしたが、育児のために会社を退職しました。

退職するときは、「ああ、これでもう正社員として働くことはないのかな…」って少し寂しい気持ちになりましたね。

子どもも大きくなり、もう一度正社員として働くために就職活動を始めた

会社を辞めてから幾年か経ち、こどもも手がかからなくなってきた時にふと

もう一度正社員として働きたい

という気持ちがふつふつと湧いてきたんです。

 

でも、その気持ちと同時に

・特に資格もないわたしをもう一度雇ってくれる会社があるだろうか?

・子供に合わせて休みが取れる都合のいい職場があるんだろうか?

という思いが頭をよぎりました。

 

正社員ではなく、パートやアルバイトなら見つけられそう。

でも、以前バリバリ仕事をしていた時の自分を思い出しては、「いまさらパートなんて…」という小さなプライドが邪魔をしました。

 

働くなら絶対正社員!

そんな強い気持ちを持って、再就職を目指すことにしたのです。

結果的には、その気持ちがうまくいって正社員として働くことに成功しました。

子持ちで正社員に再就職するためにした3つのこと

実際に正社員として再就職するために、わたしがした3つのことをご紹介します。

子持ち主婦が再就職するためにした3つのこと
  • ハローワークの活用
  • 求人サイトの登録
  • 人材紹介会社の利用

ハローワークの活用

まず最初に仕事を探すならハローワークかな、と思い一度足を運びました。

まあ結果から言うとかなり微妙な感じでしたね…

 

確かに家から近い職場が多く見つかるので、その点については良かったかなと。

でも、基本的にものすごく待遇が悪い条件であったり、カウンセラーも聞かれたことしか答えなかったりと、仕事を探す上でもサポートの面でも微妙でした。

 

ハローワークは求職者だけじゃなくて、採用する企業も無料で求人を出すことが出来るようです。

だから、基本的に人材にお金をかけるような会社が少ないと聞きましたね。

人材にお金をかけないような会社が子育てと両立しやすい会社であるとは、とても思わなかったので、ハローワークへ行ったのは結局一回だけでした。

求人サイトへの登録

次に求人サイトへの登録ですね。

主に利用したのは、リクナビNEXT、マイナビ転職、DODAといった大手の求人サイト。

 

この3つのサイトは、大手の会社が運営するだけあり求人数が多くありましたね。

わたしは東京に住んでいるので求人の数はとても多くて助かったのですが、地方に住んでいる方は求人をしらみつぶしに探すしかないかもしれません。

でも登録しておくと役に立つのは間違いないですね。

 

でも、一番利用して良かった求人サイトは「女の転職type」という女性専門の求人サイトです。

何がいいかって、仕事を探す検索条件の中に、「子育てとの両立OK」っていう条件があるんですよ!

女の転職type1

これはすごく助かりましたねー。

一番仕事を探す上で大変な「子育てとの両立」というところが最初から分かるんですから。

これはマイナビなどの大手サイトでも見当たらない検索条件なので、本当におススメです。

なので、個人的には一番「女性の転職type」は使ってみてほしいですね。

人材紹介会社の利用

最後に、人材紹介会社への登録です。

人材紹介会社と聞くと、派遣社員や契約社員なのかなって思いがちですが、しっかりと正社員の仕事を紹介してくれます。

最近だと別の言い方で、「転職エージェント」とも呼ぶみたいですね。

 

求人サイトとの違いは、登録すると必ず一人アドバイザーの方が担当についてくれて、求人紹介や履歴書の添削・面接対策を教えてくれるところです。

 

求人サイトでいい仕事を見つけても採用してもらえないと意味がないので、こういったサポートを受けられるだけでも登録する価値がありますね。

※ちなみに登録から就職するまでのサポートは全て無料ですのでご安心を!

 

それで、わたしが利用したのは「LiBzCAREER(リブズキャリア)」という女性専門の転職エージェント。

リブズキャリア

このサイトはキャリアを大切にする女性のための転職エージェントなので、子育てOKの条件などはありませんが、いい条件の会社を紹介してくれました。

登録したからといって、必ずLiBzCAREERの紹介で就職しなければいけないということはありません。

 

サポート目的だけでも登録しておくと便利ですし、逆にマイナビなどの求人サイトで見つけた求人を

「この企業を受けたいので、紹介とサポートをお願いできませんか?」

とアドバイザーの方に提案してみるのもOKです。

 

色々登録しすぎると連絡がたくさんきて大変なので、転職エージェントの登録はLiBzCAREER(リブズキャリア)だけ登録しておくのが一番いいと思います。

もう一度、わたしがした再就職の方法をおすすめ順に紹介すると

子持ち主婦が再就職するためにした3つのこと
  1. 求人サイトの登録(マイナビ、女の転職typeへの登録)
  2. 人材紹介会社の利用(LiBzCAREERへの登録)
  3. ハローワークの活用

このような感じです。

これから再就職を目指す子持ち主婦の方には、ぜひ真似してみて欲しいですね。

 

子持ちで再就職をするために有利になること

今回の就職活動の中で、私が調べた子持ちで再就職するために有利になることを紹介しておきますね。

資格があると応募できる職種の範囲は広がる

やっぱり資格があると応募できる求人の数が全然ちがうんです。

 

今回の再就職でわたしが大切にしたのは

・正社員で働けること

・残業が無く子育て両立できること

この2つです。

 

事務など資格がなくても出来る仕事も多いですが、簿記だったり、医療事務だったりと資格を持っているとかなり選べる幅が広がると思いました。

医療事務などの死角は、通信教育で有名な「生涯学習のユーキャン」などで学べるので、一度考えてみてもいいかと思います。

 

若い(20代)の方が子持ちでも就職しやすい

もう年齢はどうしようもないのですが、やっぱり20代の方が30代よりも雇用されやすいのかなって感じました。

それは求人を見ていても思いましたし、まわりの人の意見を聞いてみも何となく思いますね。

 

私みたいに30代になってしまっているなら関係ないですが、今29歳とかでギリギリ20代の募集にかかっている人は早めに仕事探しした方がいいかもしれませんね。

【最後に】子持ち就職活動は転職より難しいけど、出来ないことはない!

希望

子供がいながら再就職、特に正社員を目指すっていうのはすごく難しいです。

実際にわたしも就職活動をしてみて、「普通に転職活動するより難しい気がする…」と思ったほどです。

 

再就職するまで時間はかかるかもしれません。

何度も面接で落ちるかもしれません。

でも、諦めないで。

自信なんてなかった私もできました。あきらめなければ再就職することは、きっと出来ます。

 

わたしはこの記事を読んでくれているあなたが、もう一度しっかり働けることを応援しています。

ありがとうございました。