ゲーム業界に強い転職エージェントのおすすめランキング

この記事ではゲーム業界に強い転職エージェントをご紹介します。

 

一昔前ではゲーム業界と言えば、先行き不透明な市場で給料も低い、さらに激務で肉体的にもキツイ…

という3悪が揃ったような環境でしたが、市場が拡大した今、労働条件も大きく改善されました。

 

それどころか今ではアプリゲームの開発では、100人規模で開発費3億円を用意する企業もあり、市場が拡大。

そのため、待遇を良くしてでも人材を確保しようという流れができつつあります。

 

世間的にもゲームは浸透しているので、ゲーム業界への転職をしたいと思う方も増えてきていますね。

しかし、実際にゲーム業界へ転職しようとしても、具体的にどうすれば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか?

今回、この記事ではゲーム業界への転職を成功しやすくするための方法と、ゲーム業界におすすめの転職エージェントをご紹介します。

 今すぐゲーム業界に強い転職エージェント知りたい方はコチラ

ゲーム業界への転職は難しい?未経験でも大丈夫?

ゲーム業界への転職は、活かせるスキルがない未経験者だと難しいです。

ゲーム業界で中途採用者を採用するということは、ゲーム開発から販売まで見据えた状態で、必要なスキルをもった人材が居ないということを意味しています。

つまり、転職でゲーム業界に入るにはスキルがないと難しいのです。

逆に言えば、ゲーム業界に転職するためには、自分がそのゲーム企業に足りないスキルを提供できるかどうか、この内容次第で難易度が大きく変わります。

もし現時点なんのスキルも実績もないというのであれば、「Tech Boost」などのオンラインプログラミングスクールなどでアプリ開発のスキルと実績を学んでから挑戦するのが一番の近道になります。

ゲーム業界への転職に強いスキルや資格とは?

ゲーム業界への転職を有利にする職業やスキル・資格をご紹介します。

もしあなたがゲーム業界未経験者ならば、紹介する職業やスキルを取得してから転職エージェントを活用するのが一番の近道になりますよ。

プログラマー(SE)・エンジニア

プログラマー

ゲーム開発をする上で最も優遇されるプログラマー。

Unityなどゲーム開発に有効なツールや、C++などのプログラミング言語などを扱えるとゲーム業界への転職が非常に有利に進められます。

その他にもC#、Rubyなどの言語やAppleに対応したアプリを開発するために必要なSwift(スイフト)などの言語もゲーム業界に向いています。

アプリ開発なら「Tech Boost」というオンラインサービスが働きながらでも受講できるのでおすすめです。

イラストレーター・デザイナー

イラストレーター

ゲームを開発する上で、もはやイラストやデザインスキルを持った人材の確保は欠かせません。

デザインと言っても、ゲームタイトルのデザインロゴの作成、3DCGのキャラクターや背景作成などその役割は多岐にわたります。

純粋な紙にイラストを描く仕事ではありませんね。

もちろん3Dデザインをするなら、素業務に応じたモデリングスキルも必要になります。

イラスト経験があるならあとはPC内で再現する技術があれば、ゲーム業界への転職はかなり近づきます。

もし3Dモデリングなどの経験がないのであれば、「TECH:CAMP」などでまずは3Dゲーム開発の流れなど教えてくれる説明会を受けてみるのもいいですね。

営業

営業

ゲーム業界で意外と活かせるスキルが「営業力」。

ゲームを実際に販売するショップや企業への売り込みや、実際の打ち合わせなどがあげられます。

地区ごとに担当者を置いて営業をするケースもありますし、全国を飛び回るような業務になるケースも。

また、e-sportsの拡大に合わせて、イベントも多く開催されているので、様々な企業とのコミュニケーションや打ち合わせも必要となります。

ゲームそのものを使った営業なので、仕事内容は一般的な営業と同じ認識で問題ないでしょう。

マーケティング

ゲーム業界においても、結局はユーザーがどんなゲームを求めているのか?

ユーザーニーズを調べないことにはゲーム開発もできません。

そしてそのユーザーニーズを調べることが出来るマーケティングスキルを持った人材もゲーム業界では非常に重宝されます。

さらに、近年はアプリゲームやオンラインゲームの追加コンテンツ作成など、ゲームを販売した後もゲームプレイヤーを魅了するためのコンテンツが必要になっています。

そのため、販売後もユーザーのニーズを調べることが出来るマーケッターはゲーム業界に転職ができる人材です。

ゲーム業界に強い転職エージェントの選び方

ゲーム業界への転職はスキルがあれば難しくはないのですが、良い求人に巡り合るためには良い転職エージェントを活用することがベストです。

しかし、実際にゲーム業界への転職に強い転職エージェントをどのように選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここではゲーム業界の転職に強い転職エージェントの選び方をご紹介します。

その選び方がこちら。

ゲーム業界に強い転職エージェントの選び方
  • ゲーム業界専門の転職エージェントを活用する
  • ゲーム業界の転職ノウハウを多く持っているエージェントを活用する
  • 転職者の事情に合わせて柔軟に対応してくれる

ゲーム業界専門の転職エージェントを活用することで、出会うことが出来る優良求人の数も増えます。

さらにゲーム業界の求人を多く持っているということは、過去転職支援で入社まで導いた実績が多いことにもつながります。

その転職ノウハウをもらうことで、ゲーム業界への転職成功率が格段に良くなるわけです。

しかし、無理なスケジュールで転職活動をしても上手くいきません。

そのため、オンラインで面接練習ができたり、土日に対応してくれたりなど柔軟な転職活動支援をしてくれる転職エージェントを選ぶことが重要です。

下記でこの3つの条件を多く満たした転職エージェントをご紹介しますね。

ゲーム業界へ転職におすすめの転職エージェントランキング

実際にゲーム業界への転職がしやすい転職エージェントを紹介します。

ただ転職エージェントや転職サイトによって、保有するゲーム求人の数や企業は異なります。

そのため、複数登録しておくといい求人を逃すことが少なくなるので、最低でも今から紹介する3つだけでも登録することをおすすめします。

ファミキャリ

ファミキャリ

ファミキャリは、クリークアンドリバー社が運営するゲーム業界専門の転職エージェント。

ゲーム業界で活躍するクリエイター職(ゲームプランナー、ディレクター、プログラマー、デザイナー…)に特化して紹介をもらえます。

ファミキャリのメリット
  • ゲーム業界の保有求人数が多い
  • ゲーム業界で転職するためのノウハウ(履歴書・面接サポート)が多い
  • 電話相談、Skype面談などどこでもサポートを受けられる
  • 年収や労働条件などの交渉もすべて代行してくれる
  • ゲーム業界でのキャリアプランを共に考えてくれる
ファミキャリのデメリット
  • クリエイター職以外の求人は少ない
  • 未経験者の求人サポートは弱い

ファミキャリはゲーム業界専門の転職エージェントだけあり、保有求人数も密にコンタクトをとれる企業の数も非常に多いので、転職活動の幅がぐっと広がります。

さらにトレンドの流れが速いゲーム業界において、常に多くの企業とコンタクトを取れるファミキャリの転職ノウハウは非常に魅力的。

ゲーム業界で転職するにあたって、ファミキャリを利用しないということは正直考えられません。

ゲーム業界で転職するなら、必ず登録しておきましょう。

ファミキャリの無料相談はこちら

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

転職サポート総合大手のマイナビが運営するWEB・ゲーム・IT系専門転職エージェント。

マイナビクリエイターのメリット
  • ゲーム業界の保有求人数が多い
  • ゲーム業界で転職するためのノウハウ(履歴書・面接サポート)が多い
  • ゲーム業界求人の検索が自分で出来る
マイナビクリエイターのデメリット
  • 都市部以外のサポートは弱い
  • 未経験者の求人サポートはかなり弱い
  • メール案内が多すぎる

マイナビクリエイターは、全くの未経験者(職歴なし・無職など)は相手にされないことあります。

しかしその反面、転職できそうなスキルを持った人には熱意をもって対応してくれます。

ポートフォリオの作成、求人の紹介、面接対策の紹介など、とても参考になります。

さらにゲーム業界に転職したい方向けに、転職の成功率を上げる説明会を実施するなどのイベントも実施しています。

ただ転職の案内メールなどが多いとの口コミもあり、今すぐゲーム業界に転職したい!という方以外は、登録しなくてもよいかもしれません。

情報収集や今すぐゲーム業界に転職したい方は登録しておくべきでしょう。

マイナビクリエイターの無料相談はこちら

レバテック

レバテック

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職エージェントである「レバテックキャリア」。

レバテックキャリアのメリット
  • ゲーム業界を含めたIT職・WEB職の保有求人数が4000件以上
  • 個人の志向に合った求人を紹介してくれる
  • 志望企業別で履歴書や面接対策を実施してくれる
レバテックキャリアのデメリット
  • 男性メインで女性へのサポートはやや不安が残る
  • 未経験者の求人サポートは弱い
  • ゲーム業界専門の転職エージェントではない

レバテックキャリアは、ゲーム業界専門の転職エージェントではないので、ニッチな求人は出てきづらいかもしれません。

しかし、レバテックキャリアは、IT系WEB系の特化型転職エージェントとして、非常に評判がいいです。

転職などの経験が多いフリーランスたちから、内定率が高いとの声やサポートが的確で無駄が少ないと、まさしく理系が好むサッパリしたサポートも特徴ですね。

すでに高いスキルを保有していてさらに待遇を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

レバテックキャリアの無料相談はこちら

評判のいいゲーム会社は?|ゲーム業界に転職で人気の企業

転職エージェントは、あなたの希望を基にゲーム会社の求人を紹介してくれますが、あなた自身からでも希望を出すことができます。

例えば、SONYの求人は公に出ていなくとも、「SONYの求人はありませんか?」と聞いたとしましょう。

そうすると、転職エージェントがSONYに問い合わせを行い、あなたに興味を持ってもらえれば採用面接に繋がることがあるんです。

これは何の伝手もない状態で応募するよりも、エージェントから問い合わせてもらうことで、採用面接までセッティングされる確率が上がるので非常にいい手段です。

そのため、転職エージェントから紹介される企業だけではなく、あなた自身が積極的に求人を要求することで、キャリアの幅がぐっと広がるんですね。

しかし、求人を要求するにしてもあなたが企業を知っていないといけません。

そこで、今からゲーム業界で人気の企業と、その企業への転職求人のある確率が高い転職エージェントを合わせて紹介してきます。

※いつでも求人が出ているものではないという点だけ、ご了承ください。

任天堂  

 

 

 

 

ファミキャリの無料相談はこちら

 

マイナビクリエイターの無料相談はこちら

 

レバテックキャリアの無料相談はこちら

SONY
CAPCOM
BANDAI NAMCO
スクウェア・エニックス
ネクソン
コナミ
DeNA
GRee
DMM.com
Klab
サイバーエージェント
ミクシィ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
コロプラ
コーエーテクモHD

ゲーム業界の転職倍率

ゲーム業界の転職・就職倍率といっても、誰もが知っている大手ゲームメーカーか、それともこれから伸びるベンチャー企業なのかによっても大きく異なります。

転職はスキルと会社の求めている人材像がかなり具体的に決まっているため、倍率で転職の難易度を図るのは適切ではないでしょう。(スキルがあっても転職できないことはよくあることです)

一般的には大手ほど転職は難しくなるといわれていますが、ベンチャーになれば一人で複数のスキルを必要とするケースも多いので転職が必ずしも容易とは言えません。

転職では倍率で企業の入りやすさを見極めるのではなく、転職エージェントなどとご自身のスキル・職歴を照らし合わせて相談して決めるのが最も正確です。

だから、まずは転職エージェントに相談してみてみませんか?

ゲーム業界に強い転職エージェント3選

①ファミキャリ:ゲーム業界専門の転職エージェントで柔軟な対応が魅力

ファミキャリ

ファミキャリの無料相談はこちら

②マイナビクリエイター:転職支援大手のマイナビが運営するため、総合的なサポートが魅力

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターの無料相談はこちら

③レバテックキャリア:フリーランスから高い評価を受けており、ち密なサポートが魅力

レバテックキャリア

レバテックキャリアの無料相談はこちら